夜泣きとか離乳食を食べないとか…悩みの原因はそこじゃないよ!!

子育てをしていたら

何かしら壁にぶち当たりますよね。

なかなか寝てくれない
敏感すぎてよく泣く
夜泣きがひどい
離乳食を食べない
かんしゃく持ち・・・

もっともっといろいろとありますが

例えば離乳食をなかなか食べてくれない子に
何とか食べて欲しい!

と思ったらあれやこれやと原因を探ったり
手を打ちますよね

味が悪いのかな
食感が合わないのかな
おっぱい飲みすぎかな
環境や食べさせる時間が悪いのかな・・・

そんな事を考えますよね

で、いろいろと対処してみる

それで解決するなら原因はそこなんですが

何をしても全く食べてくれない
という場合

原因はもっと違うところにある
ということを知ってください

離乳食を食べない
っていうのは単なるきっかけ

赤ちゃんが大切なことをあなたに知らせようとしているんです

そこには

あなたが乗り越える課題が
隠れているんです

赤ちゃんはとってもママ思いなので
どうにかして気付いてほしいな
って思っていろいろと困った行動に出るんです

※困った・・・と思うのはあなたから出てきたもので
同じ事でも全く困っていない人もいます

つまり、困ったと思ったのには理由があり
それを知ることで
これは困ったことじゃないって気づいたり
解決法が見つかったりします

いくら目の前の事を解決しようとしても
うまくいかない時、、、

根本的な問題は
離乳食の問題ではない
ということなのです

あなたが大切なことに気付くまで
お子さんはいろんな問題
あなたが困った><
と思うことをするでしょう

そこで

悩んで悩んでいろんな方法を試したり
いろんな事を調べたり
人に聞いたりすることで
だんだんとその答えにたどり着いていくんです。

こうでなきゃ!とか
一人で頑張るぞ!と思っていたり

人の目が気になったり
助けてが言えなかったり
人間関係の悩みを抱えていたり

自己否定していたり
罪悪感を持っていたり
プライドが高かったり

こういうのを持っていたら
ちょっと生きづらいですよね

それを

ママが生きやすくなるように
いろんな形でお知らせをしてくれているんです。

その人その人で課題は違う

だから離乳食を食べないのはどうしてか?
って人に聞いてもなかなか解決しないんですよね

ホントは答えはママの中にあるので
自分で見つけなければなりません

その答えにたどり着くまで
子供はいろんな方法でアプローチしてくるのです

生後7か月にはこれを食べさせる
この量を食べさせなきゃならない

育児書に縛られているなら
育児書は気にせず
もっとゆる~く楽にしていいよ

ってことかも知れないし

人と比べて我が子は・・・と落ち込んでしまうなら
人の事は気にせず自分のペースでいこうよ

って伝えたいのかも知れない

子供が思うように食べてくれない
自分のやり方が悪いのかな
って自分を責めているなら

自分を責めるのはやめよう
って伝えてくれてるのかも知れない

子供はいろんなメッセージを送っています

ママ~もっと自分を許して
笑顔になってね

ママの笑顔が大好きで
いつも笑っててほしいから
無理しないでね

って思って行動に出るのです。

何でうちの子はこうなのか、
と怒ったり、落ち込んだりすることもある。

これは親だから仕方ない。
だって心配なんだもん。

だからそこも否定せず
自分の中から出てきたものも大切にしながら

今、私は
この出来事から何を学んでいるのかな?
子供は何を伝えたいのかな?
ということも考えてみてください。

気付きがあるとなんだか子供に感謝したくなる。

生まれてきてくれた意味
自分のところにきてくれた意味はこれなんだ

って思うから。

子供はママ思い
ママの魂の成長を願ってやってきた

私はそう思っています。

何か気づきがあった方・・・
ボタンを押していただけるととっても嬉しいです
↓ ↓ ↓

にほんブログ村
あなたが愛で満たされますようお祈りします

友だち追加

毎月抽選で占星術プチ鑑定(無料)しています!

友達追加URL http://line.me/ti/p/%40fyl1768n
友達検索 fyl1768n と入力してください

うまく登録できない方はやLINEをされていない方は
メールフォームより連絡ください
メールでのお問い合わせはこちらです

もう一つのお仕事ブログ
ベビー知育・リトミック教室メリーキッズ


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする