何でもかんでも手を差し伸べちゃダメ!なんだよな〜

困ってる人がいたら、ついつい助けなきゃって思う人は多いですよね。

子育てでもそう。子供になんでもかんでも手を出してしまいたくなるんです。

でも、それやると子供をダメにするよね。

だから、困ってそうだからといって、なんでもかんでも手を差し伸べるのがいいわけじゃない。

時に余計なお世話になったり、迷惑になったり、その人の成長を妨げたりする。

じゃどうすればいいの?

これが難しいのよね。

私もわかりません(⌒-⌒; )

だって人によって違うもの。

ほんとは助けて欲しいのに、自分でなんとかしようと頑張りすぎる人もいるし、

自分でやろうと思えばできるのに、なんでも頼ってしまう人もいる。

その人によって微妙なさじ加減が違うから難しいんです。

でもね、普通にコミュニケーションできる大人なら、言葉が使えるから、

“何かお手伝いできることがあったら声をかけてくださいね”

と一言言えば、なかなか言い出せない人も、少し声をかけやすいんじゃないかと思います。(声かけるのもなかなかできないけど)

私は、困ってる人がいたら役に立ちたい、と思う方なんですが、

それがまた、いらん世話、になる事もあるんですよね。

求められていないのに、この人困ってそうだから、やってあげる

それは自分のエゴなんですよね…

実は、人を助けたぞ、自分は偉い、という自己満足を得たいため、なんです。

だから、相手にとってはありがた迷惑かも知れないんですよね。

ただ、助けて、が言いにくい人もいるから、そこらへんが難しいところだけど。

でもそれは本人が乗り越えなきゃならないことなのかな、と思います。

(私もなかなか言えません)

これは子供の頃からそうだから、いまだに助けて〜はなかなか言えない…

人に迷惑かけちゃダメとか、自分の事は自分で、みたいなそんなところがあるので、なかなか人に頼れないんです。

これは長男長女とかに多いのかなぁ。

お姉ちゃんだから一人でできるでしょ

そんな言葉がプレッシャーになって頑張ってしまうんですよね…

まぁ世の中いろんな人がいるからね、

とにかく、困ってるかな?と思ったら、声をかけてみること。

本当に必要かどうかは本人が決めることだから、こちらは勝手なことをしない方がいいのです。(緊急事態は除く)

子供もね、本当に困った時に助けて!って言えるように、待つ、見守る。こんな姿勢で育てられたらね。

でも…

親はイライラしてなかなか待てないんだな(-_-;)

いつも読んでくださってありがとうございます(^^)

ボタンを押していただけるととっても嬉しいです
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


スピリチュアルランキングへ

星からメッセージを受け取れるようになる♡
おすすめの占星術無料講座★*゚
【募集中】星と心がつながる講座

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする