アイツを呪ってやりたい、と思ったときにすること

いや〜タイトル怖い(笑)
人を呪う方法をお伝えするんじゃないですよ。

ガッカリした人は閉じて下さいね(⌒-⌒; )

人を呪って不幸に導く、なんていいことありませんから。結局出したものは自分に返ってくる…

怖いですよね。

まぁでも

あの人がどうしても憎い
呪ってやりたい
死んで欲しい

そんな気持ちが出てくることってあるんですよね。

それね、いい人ほど苦しむの。

こんな事思うのはいけない

ってなかったことにしたり、蓋をして見ないようにしてるとね

余計に憎しみが増してくる。

だからね、
出てきたもんはしょうがない。

思い切り、憎たらしい!
って気持ちを感じた方がいいんです。

だってね
そういう気持ちが出てきたのには
理由があるんだから。

何かがあったから、
あの人が憎い!って思ったんですよね?

何かされて辛かった?
苦しかった?
自分を責めたりした?
我慢ばっかりした?

その苦しい苦しい気持ちが溢れて
どうしようもなくなったから

憎たらしい
いなくなればいいのに
呪ってやる

が出てきたのです。

そこまで傷ついてぼろぼろになってるんです。

きっとね、憎たらしい相手の方ばかり気を取られ、(どうやって呪ってやろうとか考えて…)

大切な自分の気持ちを見てない。

こういうネガティブな気持ちがでてきた時は

人のことより自分の心の中をみようよ

ってサインなんです。

どうしても、相手を変えたい、呪って消したい

とか思ってしまうけど、

なかなか相手を変えることはできないし、消えてくれない。

でも、自分は自分で変えられる。

憎いアイツを呪うのも許すのも自分次第なんです。

でもね、深く傷ついていたらなかなか許せない。だったら許さなくていいんですよ。

許すには段階があるし、時間もかかるから、許せない時は許さなくていい。

でも、、、いい人は、いい人でいたいから、許せない自分を許せない。

人を憎んでる自分が許せないの。

なんかこんがらがりそうね。

とりあえず、自分から出てきた気持ちを丁寧に扱わなきゃいけないのよね。

どんなネガティブな気持ちでも。

ほんと、思い切り呪いたい気持ちを味あわないと、次に進めないんです。

頭で考えて許そうとしても、心の底から許せてなかったら、また出てきて悶々とする。

だからね、なかったことにせず、憎い気持ちはあっていいんだと許すこと。

まず、人を許すより先に、自分を許すの。

こんなに苦しめられたんだから、憎いって思うのは当たり前!

呪いたい気持ちや、死んだらいいのに、という気持ちが出てきても、悪い事じゃない!

って認めてあげること。

苦しかったよね
辛かったよね
ここまでよく我慢したよね

だから憎い!

どんな気持ちが出てきてもいいの。

出てきた感情をとことん認めて、寄り添ってあげる。そうしたら、ちょっと落ち着いてくる。

これ、結構時間かかるけど、とことん自分の味方にならないと、

外(他人)を攻撃したくなるからね。

ほんとは内側を見つめて癒そうよ

って憎たらしい人が目の前に現れたってこと。

これ…なかなか理解できないかもしれないけど、

問題の全ては自分の内側の問題。他人は自分の心の中をあぶり出してくれてるだけ。

もっと自分を見つめて、自分のこと大事にしなきゃダメ

って知らせてくれてるんです。

どんな自分でも受け入れる自己受容ができれば、どんな人でも受け入れられるようになります(他者受容)

人として最終的に目指すところは

無条件の自己受容、無条件の他者受容です。

憎たらしいアイツも受け入れる、ってこと。

でも、すぐにはできないから、人を受け入れる前に自分の全てを受け入れること。まずはそこから。

私もこういうの、絶賛学習中です。

いつも読んでくださってありがとうございます(^^)

ボタンを押していただけるととっても嬉しいです
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


スピリチュアルランキングへ

星からメッセージを受け取れるようになる♡占星術無料講座★*゚
【募集中】星と心がつながる講座

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする