ある人に恐怖を感じた時発症した身体の不調

心と身体はつながっている、っていうの、まんざら嘘ではないな〜と感じているのですが、どう思いますか?

ある時、風邪でもないのに咳が出る、ということがあって、

これ、精神的な原因かな…と調べたら、

“言いたいことが言えてない時に咳が出ることがある”

って感じのことが書いてあった。

その頃、まさしくそんな感じで、すごーく我慢に我慢を重ねて言えてないことがあったのです。

だから我慢をやめて少し自分の思いを出してみたら、咳がぴたりと出なくなって(・_・;

原因これか…って思ったんですよね。

咳が出るとうまく喋れないですよね。

何か言おうとしても咳き込んでうまく言えない →→ ホントの気持ちを言いたいけど詰まってしまう…こういうことなのかな。

またある時、仲良くしてたのに、誤解されてキレられて、めっちゃ攻撃されてた時期があったのだけど、

その時はその人と会うのが怖くて怖くて仕方なくて…

そしたら、膀胱炎発症。

よくね、怖いとおしっこちびる、って言いますよね。

恐怖ってそこにつながってるみたいです。

身体の不調は、何かのメッセージだったりするんですよね。

精神的に病んでいたら、身体に出る。

全部が全部じゃないと思うけど、この不調、どうしてだろう?って探ってくと、

我慢してることがあったり、怒りをためてたり、無理してたり、気を遣いすぎてたり、、、

いろんなことに気付くのです。

いま不調なところありますか?

簡単だけどあげてみますね。

肩…力入れすぎてない?

腰…何かを背負いすぎて怒ってない?

背中…頑張りすぎてない?

膝…ストレス抱えてない?(特にパートナー)

足…迷いはない?

手…やりたくないことやってない?

首…頭使いすぎてない?

喉…言いたいこと言えてる?

耳…聞きたくないこと聞いてない?

口…感情を押さえ込んでない?

鼻…無駄な情報ばかり入れてない?

目…まわりに流されてない?

胸…いろいろ気になって落ち着かないんじゃない?

心臓…忙しすぎじゃない?

肝臓…許せないことがあるんじゃない?

腹…本心を出せてないんじゃない?

ざっくりなので、細かく調べたらいろいろ出てきます。

膀胱炎は恐怖を感じた時、とか。詳しくはググってみてくださいね!

心と身体はつながっていて、体調不良は何かに気付いて!ってこともある。

それを知ってると、もしかしてこれ?って思うから、

自分と向き合ってみるのもいいかと思います。

でも、病院に行かずに治そうとするんじゃなくて、自分の心を整えながら、治療もしていく、それがいいかな、なんて私は思います。

ま、これは本人がどうしたいか、ですね。

自力で治すのは結構大変です。なので必要ならば医療の力もお借りする。私はいいとこ取りするタイプです(笑)

病気と向き合うことって、魂と向き合うことだと思うんです。

だからね、何でこの症状が出てきたのか、身体は何に気付けって言ってるのか、そこを探っていくことが大事だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする