思ってるより現実ははるかに過酷なのです

子育てって大変に見えますよね。

これ、渦中にいると、
ヤバイほど大変な時もあって…
きっと体験した人じゃなきゃわからないのでは?と思います。

いや、子育て体験してても、
環境も違うし、子供もママもそれぞれ性格も違うし、

もぅいろんなことがそれぞれ違うから、
やばいほどの大変さ、も人それぞれですが。

子育てだけじゃなくて、病気やパワハラやDVやブラック企業や…

世の中大変そうに見える事っていろいろありますよね。

それって、はたから見るのと、
実際に渦中にいるのとは大違いで、

思ってる以上に酷い目にあってる事が多い。

そして、渦中にいても境遇は違うから、
感じ方も大変さもそれぞれに違う。

それで、何が言いたいかというと…

経験してないことっていうのは、推測でしかわからないから
軽々しくアドバイスしてはいけないし

例え経験してても、
その人と同じとは限らないから
慎重にしなきゃいけない…ってこと。

私もおせっかいでいらんアドバイスをしてきたから、後から考えると申し訳ないことしたな…と反省の日々。

ホント未熟だったな…と思う。いや、今も未熟ですが。

例えばDV被害にあった友達が会いたいっていってきたら、

まずは、相手は何を求めてるのかを知ることです。

ただ話を聞いて欲しいのか、一緒に考えて欲しいのか、答えが欲しいのか…etc

いろいろとあると思うんです。

もしも話を聞いて欲しいだけならアドバイスは余計なお世話ですよね?

余計なアドバイスによって、相手はさらに傷ついたり、
プレッシャーになったり、
自分を責めてしまうことがある。

これ、自分はいいこと言ったな、
と思ってることがあるから、すごく厄介なんです。

結局自己満足のアドバイスでしかない場合が多く、あまり役に立ってないんです。

例えば…

暴力受けてる人に、早く逃げて!
って言っても、
いろんな事情があって逃げられないことがある。

逃げれるなら逃げてるし、
相手が怖かったり、まだ逃げられない何かがあるから
逃げられないのかもしれないんです。

その人に早く逃げたら?って言っても…
相手は苦しくなるだけかもしれない。

子育てにしろ、人間関係にしろ、病気にしろ、仕事にしろ、

話で聞くのと実際は全く違うものだし、
安易に想像でモノを言ってはいけないな…
と思うのです。

じゃあどうしたらいいかっていうと…

アドバイスしようと思わないこと。

自分が何とかしてあげようと思わないこと。

その人のため…は結局自分のため。

私が助けてあげた、って思いたかったり、役に立った、と思いたかったり、結局は自分が満足したい…というところに行き着きます。

その人が求めないことはしない。何も求められなかったら、ただ、その人に寄り添うだけでいい。

うんうんと聞くだけで相手は落ち着くし、
その中で自分で答えを見つけ出すこともある。

きっと答えは自分で見つけるから。

いつも読んでくださってありがとうございます(^^)

ボタンを押していただけるととっても嬉しいです
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


スピリチュアルランキングへ

星からメッセージを受け取れるようになる♡
星が大好きになる♡
おすすめの占星術無料講座★*゚
↓ ↓ ↓
【募集中】星と心がつながる講座

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする