時期がきたらわかる?スピリチュアルの話

世の中わからない事だらけですよね?

スピリチュアルな世界もわからない事だらけ。

でも、昔読んだスピリチュアル本も、今になるとまた違った感覚で読める。

あの頃、ホントにそうなの?

って思ってた事が、あっそうか!!って腑に落ちたりする。

それは、自分が成長して、理解できる段階に進んだってことだと思う。

あれからいろんな体験もしたし、本を読んだり情報収集もした。

だから理解できることが増えたんだろうな。

小学生は高校生の教科書を見ても理解できない。

でも、高校生になってそこを学んだ後なら理解できる。

魂もそういう段階を経て成長しているんだと思う。

だから、今わからない事があって当たり前。

小学生から高校生になるまでに、たくさん勉強してわかる事が増えていくように、

いきなり難しい段階のことを知ろうとするんじゃなくて、

目の前に起こる課題をひとつひとつクリアしていくことだと思う。

今にフォーカスして一生懸命生きる。

今の自分にしっかりと向き合って生きる。

毎日たくさんの気付きがあり、それを魂に刻んでゆく。

その毎日の積み重ねが魂を成長させる。

昨日わからなかった事が、今日わかる事だってある。

さっきわからなかったことが今わかることだってある。

ずっとわからないこともあるし、何年か後にわかることもある。

わかった!ってことは、わからなかった時の自分と同じではなく、成長した自分になってる。

日々いろんな気付きがあるってことは、成長し続けてるってこと。みんなそうだよ。

それでね、

今、魂がこれを学びたい、

ということは、目の前に起こっていること。

悩みや苦しみがあれば、それを通して気付かなければならないことがある、ということ。

そこに向き合わず逃げてしまったら、気付きも学びもあまりないので、また同じような事が起こる。

気付くまでこのループが続く。

それはいつまでも魂の小学校を卒業できないってこと。

中学生に上がるなら、大切なことに気付くこと。

この出来事から自分は何を学んでいるのか?

それを自分に問いかける。

もしも気付きがあり、目の前の問題がすーっと消えて行ったらもう卒業。

でも、もっと学ぶことがあるよ、って時は問題は消えない。

そこでまた自分に問いかける。

目の前の問題は自分の成長のために起こってる。

あの人が悪い、あの人をどうにかしよう、と外に解決を求めている間はうまくいかない。

自分の中を見つめる方が早く解決する。

自分が大切な事に気付くと、回りが変わってく。

私はこの事になかなか気付かなかったけど、今はわかる。

こういう思いが出てくるのはどうして?

今はそこをじっくりと見つめるようにしてる。

答えが出なければ保留もあり。

時が経てば、あっ!と気付く事もあるから。

わからないことは、わからないままでもいい。

そこに執着すると苦しくなるなら保留していい。

そのうちわかるかも知れないって気長にまったり、忘れてもいいと思う。

時期がくればわかることもあるからね。

ただ、今を大切に生きること。そっちの方が大事。

いつも読んでくださってありがとうございます(^^)

ボタンを押していただけるととっても嬉しいです
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


スピリチュアルランキングへ

星が大好きになる♡
おすすめの占星術無料講座★*゚
↓ ↓ ↓
【募集中】星と心がつながる講座

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする