グランドセクスタイルができた時何があったかというと

この記事の続きになりますが

私のホロスコープには ホームベースというアスペクトがあります。 六芒星の一辺欠け落ちなのですが、 欠けた所に天体が...

私のホロスコープにはホームベースがあり、複合アスペクトもてんこ盛り。

と言っても、ホロスコープはお見せできません( ̄▽ ̄;)

読める人には全部バレちゃうので恥ずかしいんだもの(笑)

ホームベースっていうのは、六芒星(グランドセクスタイル)の一辺が欠け落ちているものです。

ホームベースは全てメジャー天体でできてるので、正真正銘のホームベースです(笑)

ホームベースの中には太陽、月も入ってます。ちなみに太陽とキロンは同じ度数。

太陽は水星以外の天体と何かしらアスペクトがあり、月も水星火星以外はアスペクトを取っています。

なんでこんなにアスペクトだらけなの?

っていうのは…

生まれる前にレールを敷いてきたからだそうで、何か役割があったり、これをするぞと決めて生まれたらしい。

元々グランドセクスタイルの人もいるんだけど、そういう方も決めてきているみたいですね。

何を決めてきてるのかほんまわからないんだけどね…

でも、火星でグランドセクスタイルができる時には、何かが切り替わるとき。

軌道修正みたいな感じです。

約2年ごとに軌道修正されるから、やるべき事には向かってるのかも知れません。

それを知るため、占星術も学ばされてるのかな?っていうのもあるんですね。(笑)

だってね、占星術の講座に初めて参加した日に火星交えたグランドセクスタイル✡ができていたんですから…

イミシンですよね。。。

さて、他の天体で見てみると、

木星通過✡の時は超ハードワークでした。

さすが木星ですね…

当時人を育てる仕事をしてましたが、土日も仕事が入り、学校の役員もやったりしてたので、すごく充実していた期間でした。

特にこれっていうことは起きてないようなので、ただただ忙しくなってたって感じ。

土星は?というとかなりかなり昔…

この時は仕事で上の立場に立たされて責任がのしかかってきたり、親から自立して一人暮らしを始めたりした時期(記憶があいまい)

天王星、海王星あたりもかなり昔…しかも両方の天体が同じぐらいの時期にやってきて✡を作っている。

それが抜けたと思ったらサターンリターンがやってきてしっちゃかめっちゃか(笑)

仕事では結構重い役割が回ってきてプレッシャー、結婚準備でプライベートも忙しい、仕事を辞めるからその準備も忙しい、頭がぐちゃぐちゃだった時期ですね…(^_^;)

とにかく✡が出来る時期ってのはいろいろと重なって、いいこともあるけど責任感のある事が回ってきたりもして、忙しい時期だった。

やっぱりトランスサタニアン(土星以遠天体)は長期に渡って居座ってるので、プレッシャーかけられてヘロヘロになりながら前に進んでく感じでした。

そのあと暇になって抜け殻のようになったな(笑)

2020年には冥王星、木星、土星が山羊座後半に集まるので✡祭りです。

冥王星は行ったり来たりしながら2年ぐらい居座るのでしんどさ半端ないかも知れません。

考えただけでおえーっとなりそうです。

今のこののんびり状態は嵐の前の静けさなんでしょうか?

一月には太陽、水星、金星が✡ポイントを通過、何かあるのか観察してみようと思います。

お月様なんて毎月通ってるんだけど、寝てる間に通り過ぎてたりもするから、全く関係なしだよな~

そうそう、六芒星といえばここ

鞍馬寺の本殿前。

サナトクマラが降り立ったと言われる鞍馬ですが…

数ヶ月前サナトクマラにご縁があるよ、と言われたんですよね。

何となく六芒星繋がりなので何か関係あるのかしら?と思っだけど、ま、欠けてるからね…

また行ってみよう。

いつも読んでくださってありがとうございます(^^)

ボタンを押していただけるととっても嬉しいです
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


スピリチュアルランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする