火星を巻き込むグランドセクスタイル

私のホロスコープには

ホームベースというアスペクトがあります。

六芒星の一辺欠け落ちなのですが、

欠けた所に天体が入ると六芒星(グランドセクスタイル)になるわけです。

ネイタルで水のグランドトラインを持ってるので、六芒星になる時は土のグランドトラインもできます。

なので、これは↓水星座と土星座でできてます。上向き三角は水、下向き三角は土。

グランドセクスタイルにはしょっちゅうなるので(^_^;)

月や太陽、水星、金星が入った時は気にしたことがないのですが

約2年に1度、火星がやってきた時はどうだったかな…って振り返ると、

なんとすごい事実が次々と出てきたのです。

正確な度数で調べてみよう!と

過去のスケジュール帳を引っ張り出し、占星天文暦とにらめっこ。

この天文暦を見ると、何月何日に火星はここを通るという所までわかるのです。

その結果、

2012年の年末…火星を巻き込むグランドセクスタイルができた日に、とある協会と決別してました(笑)

そこから新しい仕事に切り替えたんです。

その前、2011年年初の火星通過の時はこの日に何か、は無かったけど、その辺りから決別する火種が生まれていたんですね…

そこから火星が一回りする間はしんどいことてんこ盛りでした。

そして2014年秋…ある事がきっかけで、魂の世界の探求が始まりました。

そこから約2年間、次の火星がやってくるまではとことん自分に向き合う時期でした。

今まで抱えていた闇がドロドロと出てきてすごく苦しかった時期でもあります(>_<;)

とにかく自分が我慢していたこと、見ないように蓋をしていたことに向き合ったことで、それを浄化するような事が次々起こり始めたのです。

苦しくて、でもなかなか光が見えなくて、人生で1番泣いた時期でした。

そんな中、

自分とは何者なのか、

何で生まれてきたのか、

こんな事が起こるのはどうしてなのか、

いつになったら楽になるのか、

そんなことも考え始めました。

そこで西洋占星術なら答えがわかるんじゃないか…なんて思ったのです。

それが2016年秋、再び火星がやってきてグランドセクスタイルになる少し前だったんですね。

その頃には心の中のドロドロもかなり出し切って、次へ向かおうとしていました。

それで、最初は何とか自力でホロスコープを読もうとしてたんですね。

でもチンプンカンプン(笑)

それでたまたま占星術の講座を見つけ…

講座行ってみて理解できなきゃ向いてないってこと、と思って参加してみたんです。

そしたら超面白くて、もっともっと話が聞きたい、もっともっとろんな事知りたい!ってどハマりしたのです。

占星術を初めて学んだ日、、っていうのが

グランドセクスタイルになってた日、、、

後から調べてびっくりです。

この日から占星術にどっぷりはまり、しばらくしてタロットにもはまり、またまた出逢う人も、目指す方向も変わってきたのです。

火星がやってきて形成されるグランドセクスタイルっていうのは、私にとって意識が変わる日、みたいな。

過去数年見ると、スイッチが切り替わる日だったのです。

今度のグランドセクスタイルは2018年の春。

私はどうなっちゃう?ちょっとワクワクしてるんです。

そう言えば、ちょっと前に、タロットで半年後までの未来を見た時…

春までは試行錯誤したり、ちょっとボロボロな感じだったんですね。

でも、ちょうどグランドセクスタイルになる頃『マジシャン』が出ていたのです。

マジシャンはタロットカードの1番目のカード。

これからスタート切るぞ!って感じなのです。

このシンクロ…Σ(°д°ノ)ノ

これは何かありそうですね。

楽しみにしておきます。

さて、木星や土星、天王星、海王星も過去にその地点を通過していますので、また何があったか検証してみようと思います。

2年後には冥王星が通過…しかも行ったり来たりしてプレッシャー半端ない感じ。

穏やかに過ぎ去ることはなさそう(=ω=.)

いつも読んでくださってありがとうございます(^^)

ボタンを押していただけるととっても嬉しいです
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


スピリチュアルランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする